金沢エコライフくらぶの活動を青海万里子がレポートします


by ecokurabu
ブログをちょっぴりバージョンアップしました。
新HPはこちらから。
[PR]
# by ecokurabu | 2010-03-06 23:24 | 活動

保温調理器

 温かい煮ものが恋しい季節になると、増えてくるのが「保温調理器づくり」の出前講座です。9/13(日)には金沢駅近くにある此花町公民館の女性学級で実施し、21人の参加者がそれぞれの色合いの保温調理器を完成させました。この冬は21のご家庭の食卓に省エネ料理が登場することでしょう。
f0127189_03273.jpg
 金沢エコライフくらぶの手作り保温調理器の特長は①自宅にある鍋に合わせて作れること②「古着あつめるぞうぼっくす」で回収している古着の中からウール70%以上のセーターや衣類を選んで縮絨(洗い縮め)してリメイク素材に活用していること③アルミ蒸着シートを内側に貼り込みアルミの輻射熱を活用すること、等です。そのため、カレーやシチューなどでは5~10分火にかけてアク取り、調味を済ませて火から下ろし、保温調理器に30分程入れて置くだけで、しっかり煮上がります。しかも、形がかわいいので、テーブルにそのまま出して最後まで温かい食事を楽しめます。
f0127189_0311824.jpg
 翌日9/14(月)には石川テレビの朝の番組 『リフレッシュ』に生出演し、簡易版の保温調理で作ったカレーをキャスターのみなさんに試食していただきました。みなさん口々に「こんなに大きなじゃがいもなのに柔らかい」「玉ねぎの形がしっかり残ってる」「皮つきにんじん甘~い」とコメントしてくださり、保温調理の威力を体感していただけたようです。HP『リフレッシュ』のコーナーラインナップ「くらしのレシピ」に保温調理器を使ったレシピを載せていただきましたので、ぜひご覧ください。
 材料費1000円程で手作りできる保温調理器ですが、材料の準備、中敷きのスタイロフォームやリサイクルスポンジ、洗い縮めたウールの裁断などの作業や、指導スタッフの力がが欠かせません。家庭で気軽に取り入れられる省エネ活動の初めの一歩として、できる限り要望のある所へ出前したいと思っています。一緒に活動を担ってくださるスタッフを募っています。体験型の環境教育に興味のある方、手作りが好きな方のご参加をお待ちしています。【お問い合わせ:aokai★road.ocn.ne.jp…★を@に替えてください】
[PR]
# by ecokurabu | 2009-09-15 19:34 | 出前講座
 昨年に引き続いてH21年度金沢市ゆめまちづくり支援事業の委託を受け、あらたな活動がスタートしました。今年のテーマはヨシのバイオマス活用。河北潟に関わるさまざまな団体や組織と協働しながら、ヨシを活用した地域活性化の可能性を探ります。 
f0127189_1664368.jpg
 6/14(日)に金沢市民芸術村で行なわれた公開プレゼンテーションでは、いしかわ水辺再生研究会の櫻井英二さんも加わって企画を説明。審査委員の鋭い質問にも説得力のある受け答えができたおかげで、採用された6団体中1位の高得点を得ることができました。今回の事業は3つの団体の持つチカラを結集してすすめます。金沢エコライフくらぶでは河北潟のヨシを使った紙漉きに10年前から取り組み、ペットボトルを使った排水実験や排水チェック活動とともに出前講座を行なってきました。いしかわ水辺再生研究会は河北潟周辺の小学校の児童とともに7年間にわたって一斉水質調査を実施、津幡の水辺を守る会はカヌーによる清掃活動をベースに「親子カヌー体験とごみ拾い」などのイベントに取り組んでいます。詳しい活動は石川こども環境教育学習基金のサイトをご覧ください。f0127189_1428871.jpg
Ⓐヨシ原の生育実験…金沢市緑と花の課との協働で、こなん水辺公園のヨシ群落に砂を撒いて底質改善の実験と経過観察を行ないます。画像は8/6(土)に行った砂撒きのようす。
Ⓑ河北潟ヨシマップ作り…潟周辺に自生するヨシ群落を調査し、マップを作ります。9/20(日)「カヌー体験&ヨシ調査」カヌーに乗って湖面からヨシの植生観察を行ないます。
Ⓒヨシのバイオマス活用研究
①堆肥作り…腐葉土ならぬ腐茎土を作って成分を調査します。
②ヨシ紙の活用…ヨシで漉いた紙を地域のSELP(授産施設)とともに商品化します。
③燃料ペレット研究…ヨシを主原料にしたストーブ用燃料ペレットの研究を行ないます。
④すだれ作り…農家に眠っている菰編み機を活用して西窓に掛けるすだれを手作りします。これぞ地産地消の温暖化防止活動!壊れたら集めて堆肥やペレットや紙漉きの材料に資源循環できます。
ただいま、一緒に活動していただける方、ヨシ紙の商品化にチャレンジしてくださる授産施設も募集しています。
問い合わせ【あおみaokai★road.ocn.ne.jp】★を@に替えてください。

f0127189_1859028.jpg

[PR]
# by ecokurabu | 2009-08-17 16:07 | 活動

お絵描きエコバッグ

f0127189_123027100.jpg
野々市町からの委託で、「ものづくり教室」を年6回行なっています。第1回目の6/13(土)は「お絵描きエコバッグ」をしました。6月から石川県内で一斉にレジ袋有料化がスタートしたことを、子どもたちにも意識してもらおうと企画したものです。お母さんの手作りバッグやお店でもらった布バッグなどに「そめ~る」という布用クレヨンでお絵描きして、アイロンで定着させます。お母さんにプレゼントした子や翌月からレッスンバッグとして持ってくる子など、それぞれに活用されているようです。新聞社2社が取材に来られて記事になりました。それを見た白山市山島台児童センターから夏休み企画にと依頼が来て、子ども向け、大人向けの教室をすることになりました。大人用は若いお母さん向けにステンシルとキラキラデコを組み合わせたかわいいリメイクにしようと思っています。
[PR]
# by ecokurabu | 2009-07-29 12:50 | 出前講座
6/21(日)19:30~22:00夏至の夜に行われる「百万人のキャンドルナイトin金沢市民芸術村」に向けて、廃油キャンドルづくりをしました。おりしも今日6/6は「百万石まつり」。行列を観る人波の喧騒で街はヒートアップしているというのに、アート工房では親子連れや若い女性たちがキャンドルづくりに取り組む静かな熱気に包まれていました。
f0127189_18393937.jpg
空きびんやガラスの器に古着のプリント布を木工ボンドで貼り、廃油を温めて凝固剤を加えたものを流し込んで固めます。ろうそくと違って灯している間に油が溶けて湖になってしまうため、芯に一工夫してあります。切った紙ひもの撚りを戻して広げ、細い針金とタコ糸を包んで撚り直し、アルミ缶を切って穴を空けた台座に通してびんの底に立てます。燃え尽きたら芯と油を入れ替えれば繰り返し使え、使い終わったら水に漬けて布をはがせば、ガラスびんはマテリアルリサイクルできる、これぞエコキャンドル!です。
f0127189_18495995.jpg
布の色がキャンドルの炎に照らされてカラフルなステンドグラス効果を生み出します。
f0127189_0391478.jpg

[PR]
# by ecokurabu | 2009-06-06 19:04 | 活動
f0127189_1003320.jpg
 金沢市戸室リサイクルプラザ、西部管理センター、東部管理センターに古着回収ボックスを設置させていただきました。おかげさまで、徐々に知られるようになり、5月末の戸室リサイクルプラザのボックスにはご覧のように、あふれんばかりの古着が寄せられるようになりました。
 鳴和台の東部リサイクルプラザはオープン当初は週末も開いていたため、仕事を持つ方も週末に古着を持ち込めると好評でした。その後、資源回収の稼働に合わせた開所日となったため、週末しか動けない方にはご不便をおかけしていました。
 昨年「古着くるくる大作戦」が「金沢ゆめまちづくり支援事業」の委託を受け、フォーラムの開催や公民館での回収実態調査、回収実験などを行いました。それらの活動を通して、古着を燃やすごみに捨てるのをもったいないと思う市民が多いことをリサイクル推進課にもご理解いただき、市の施設内での回収BOX設置が実現しました。
「古着あつめるぞうぼっくす」設置施設
●戸室リサイクルプラザ…戸室新保ハ604 Tel076-236-1600
 開所時間9~5時 閉所日(月)、(月)が祝日の場合は祝日の翌日
●西部管理センター…糸田新町1-30 Tel076-242-1371 
●東部管理センター…鳴和台359 Tel076-252-6050  
 開所時間9~5時 閉所日(土)(日)●東部リサイクルプラザへは今まで同様に平日9~5時の持ち込みができます。リユースコーナーも開設していますので、ご利用ください。また、毎週(水)10~15時にボランティアの皆さんとともに持ち込まれた衣類の仕分けやウェス作りなどを行なっています。お昼は持ち寄ったおかずをつまんだり、和気あいあいとおしゃべりや環境の情報交換などをしている楽しい集まりです。どなたでもお気軽にご参加ください。

※石川県幸町庁舎の県民エコステーションにも設置していただけることになりました。

古着持ち込みルール
・必ず洗濯してお持ちください。
・高齢者施設・病院で使う清拭ウェス…
木綿(化繊混紡率60%まで)シーツ、タオル、Tシャツ、肌着、パジャマ、カッターシャツ、スカート、ズボン等
・他の人に着てもらえる衣類…傷みやしみの少ない衣類
・リメイク用の素材…
セーター、ウール衣類(ウール混紡率70%以上)…縮絨して保温調理器、ホットパッド等に使用
革衣類、バッグなど…革リメイク用素材として活用
×下着、靴下、靴
f0127189_22115246.jpg

[PR]
# by ecokurabu | 2009-05-24 11:00 | 古着あそび塾
f0127189_1953327.jpg

 金沢市東部リサイクルプラザにあるミシンたちは、ほとんどが中古のため、細井商事の細井正吉さんに、定期的にメンテナンスをお願いしています。「ミシンを直せる人間はもうワシ一人しかいなくなってしまった」とおっしゃる細井さん。
 御年89歳になられた今も、自転車に乗ってミシンの修理に出掛けているそうです。お元気の秘訣は毎日の近江町市場通いと自炊、そして1日2回の犬の散歩だとか。いろいろな人が使うために傷みがちなミシンたちを「こりゃ重症だ」と言いながらも、ていねいに調整していただきました。
 細井さんあっての金沢エコライフくらぶの古着リメイクです。これからもお元気で、ミシンたちをよろしくお願いします。細井さんへのミシン修理のご相談は金沢市笠市町の細井商事で調べてね。北陸3県の修理にも応じておられるそうです。
[PR]
# by ecokurabu | 2009-04-21 19:31 | 古着あそび塾
f0127189_112509.jpg

[PR]
# by ecokurabu | 2009-04-02 02:11 | 出前講座
f0127189_2045090.jpg2月26日に、今年度新たに創設された「いいね金沢環境活動賞」を2人の個人、3市民団体、3企業の方々と共に受賞しました。金沢市民芸術村で金沢エコライフ工房倶楽部が誕生したのは今から13年前。その後、金沢エコライフ事業実行委員会へと改組し、東部リサイクルプラザ・戸室リサイクルプラザ内のエコライフ工房の運営委託を受けて活動してきました。
 その間に蓄積してきた体験型の環境教育プログラムをもっと多くの人に伝えたいとNPOとして独立したのが3年前の3月のこと。その後、古着回収と古布活用をベースにしながら、3R,省エネ、水環境、エコ食育などをテーマにしたアクティビティを作って数多くの公民館や学校などへ出前講座に伺わせていただきました。昨年は130回を超える出前講座に出掛けました。共に汗を流したメンバー、古着の仕分けやウェス作りに参加してくださったボランティアのみなさん、そして北陸3県から招いてくださったみなさんとともに受賞を喜びたいと思います。そしてなにより、公設施設と行政からの事業委託というインキュベーター(孵卵器)に育まれる中で、市民から市民に伝える環境教育のスタイルを作り上げることができたと思っています。ご支援いただいたみなさまに心から感謝申し上げます。
[PR]
# by ecokurabu | 2009-03-07 20:44 | 活動

サークルいろいろ活動中

 金沢エコライフくらぶの活動の柱は、古着の資源循環と体験型環境教育の出前講座ですが、自主的なサークル活動やプロジェクトも活発に行なわれています。今回は金沢市鳴和台にある東部リサイクルプラザで活動しているサークルを紹介します。
 たんすに眠っている着物や洋服、手付かずの生地をもう一度手をかけて活かしたいと集まって活動しているのが「リフォーム・リメイク教室」です。お互いに教え合いながら一緒にできる安心感があるためか、家で一人でやるのは不安という人からもお問い合わせがあります。一品持ち寄りのお茶タイムも楽しみだとか。毎月第1・3火曜日10~16時。問い合わせ:西川さん〔Tel/Fax076-223-0055f0127189_115830.jpg 
 裂き織を一度やってみたいけれどチャンスがなくて、という声をよく聞きます。金沢エコライフくらぶメンバーで「あや工房」を主宰する宮文子さんに月1回指導してもらいながら自主的に活動しているのが「裂き織」です。テーブルに置けるサイズの織り機を使用していますが、裂いた布からは想像できない色合いの織布が仕上がる楽しさにはまって皆さんどんどん上達しています。毎月第1・3水曜日14~16時。問い合わせ:城崎さん〔Tel/Fax076-291-4039〕 
 自然界に自生している植物をじっくり観察して描くのが「野の花植物画教室」~ボタニカルアート~です。もともとは植物図鑑や百科事典に掲載されている植物学絵を意味しますが、自然志向が高まってきた近年、アートのジャンルとして愛好者が増えています。メンバーの本間朋子さんの指導のもとで研鑽を積み、年に数回開催される作品展も励みになっているようです。毎月第2・4火曜日13時30分~16時。問い合わせ:本間さん〔Tel090-3762-7913〕
[PR]
# by ecokurabu | 2008-12-06 11:23 | 活動